贈られた側のマナーも大事

プレゼントを貰った側もある程度マナーがあると思います。

お中元やおすそ分けで何か送っていただいた時はお礼の手紙や電話をするのは当たり前です。メールですませていいのは友人の間柄だけですね。

身につけれるものや使用するものを貰ったのならば、一度は使っているところを見せたり使っているよという感想を伝えるなどがあると贈った側も嬉しいことでしょう。以前、誕生日にプレゼントした洋服が開けられもせずに部屋の隅にあるのをみかけたことがあってはから、その人に無駄に誕生日プレゼントをするのはよそうって思ってしまいましたよ。

あまりにもかしこまる必要って、そうそうないとは思いますが、やはり気持ちを込めて贈っていただいたものですから気持ちを返す意味でもアクションやマナーって大切にするべきだと私は思うのです。

自分の意図しないものを贈られて困ってしまうこともあるでしょう。それでも文句を言ったりするのは好ましくありません。言えるタイミングがある時にオブラートに包んで嬉しいけれど使う機会がないなどそっと伝えてみるといいでしょうね。

親しき仲にも礼儀ありといいますので、贈られたらまずは感謝を伝えることからしましょう。

目上の方には礼状を書くのが一般的です。電話はメールは失礼にあたってしまいます。親しい人や目下の人、仲の良い親族などは電話でも問題ありません。

なかなか手紙を書く機会の減ってしまった現代ですから、逆に手書きの手紙は喜ばれるかもしれませんね。

 


We're sorry, but comments are closed.

No Responses to “贈られた側のマナーも大事”




By submitting a comment here you grant 借りたお金は返さない? a perpetual license to reproduce your words and name/web site in attribution. Inappropriate comments will be removed at admin's discretion.